今日までの道のり④

 

 

 

扉を出て、外の世界へと

一歩を踏み出した

 

 

学校へ通うために、

正社員からパートへと転身して

お菓子の対面販売の仕事を

始めることにした

 

 

アーユルヴェーダの学校は、

ざっくりだが

半分がマッサージの実技、

もう半分が理論の座学を

勉強するカリキュラムだった

 

アーユルヴェーダの理論は

本当に心からおもしろくて

朝から晩までテキストに

かじりついていた

 

このおもしろさを

一言で語ることは

大変難しいことだが

自分というものを客観的にみることができ、

「心」の健康にフォーカスできるところ

だと私は考えている

 

 

マッサージでは、

アーユルヴェーダの理論に

則った体質・症状別で用意されている

ハーブ入りのオイルを使って行う。

 

 

手技を習い、同級生相手に

いざ、マッサージ。

しかしながら、始めてみると

「人の身体に触れることが怖い…」

こんな感情でいっぱいになった

 

どのくらいの強さで触れていいのか、

どうやって触れたらいいのか。。

そんなことを考えながら

マッサージをしても集中できず、

「もっとしっかり支えて!」とか

「圧が足りない!」と注意されてばかり。。

 

 

学校に通い始めたら、いろんなことから

解放されて、幸せな毎日がやってくる♡

 

そんな風に思って会社を辞めた自分を

殴り飛ばしてやりたい(笑)

 

 

もちろん、ワクワクすることを

始められたから刺激的で充実した毎日がやってきてはいたただ、この前に進む決断はあくまでも最初の一歩で、悩みから解放されたわけではなかった動き出したことによって見え始める希望、その裏にある不安…予測のできない未来を受け入れる覚悟、それを決めた人にだけ手に入れることのできる特別な未来を手に入れたい…もう後戻りはできない。。そんなことを思っていた

 

理論が大好きな私にとって

マッサージを続けて、

それで生計を立てている自分の

未来がどうしても描けず、

アーユルヴェーダという大好きなものから

繋がる道が見えなかった

 

アーユルヴェーダでは

心と身体の双方向からアプローチを

かけられることが強みの一つであると言える。

 

マッサージがいかにすばらしく

効果のあるものか、頭では理解しているつもりだし、

受けることは大好きだし(笑)

決して意味のないものだと思っていたわけではない

ただ、自分がやるという未来を

思い描くことができなかった。。

 

心に嘘をついて

セラピストになる決断をすることが

最良な選択と、どうしても思えなかった

 

それに、

マッサージのセンスがある同級生と

自分を比べて、苦しくなることも

何度もあった

 

人と比べることに意味はないと

学びながら、人と比べて苦しくなる、

超かっこ悪い自分だった

 

 

しかしながら、あのときの私に

教えてやりたい。

この「心のブレ」こそが

私自身を大きく成長させ、

自分と向き合うきっかけを

作ってくれたものだということを。

 

苦しんで、もがいて

泣いて泣いて泣いて、

それでももがき続けて、

やっとで自分を受け入れる

ことができる

 

アーユルヴェーダの理論を

活かして、

それを仕事にして

私は生きていきたいという

次なる目標ができた…

 

 

 

つづく

 

 

 

veda-gyana.hatenablog.com

 

 

veda-gyana.hatenablog.com

 

 

veda-gyana.hatenablog.com