就職は住めば都だと思っていた

 

 

 

自分の居場所はここじゃない

 

 

4年前、大学を卒業した

ばかりの私は

就職して定職に就けば

幸せになれると思っていました

 

『大学を卒業したら

正社員として働かなくちゃ

いけない』と思ったから就職をしました。

 

 

好きなことを仕事にしたいけど

当時の私には

すべてを懸けて飛び出す覚悟が

どうしても持てませんでした。

『好きなことを仕事にできる安定した場所』

それが当時の私が欲しかったもの。

 

だから「安定していて」好きになれそうな

仕事を選びました。

どんな仕事でも、

続ければ楽しく幸せになれる…

本気でそう思っていました。

 

 

でも現実はそんなに甘くなくて。

「この仕事が天職!」と自他ともに認める

同期との熱量の差は火を見るよりもあきらかでした。

心から楽しんで仕事をするって、

こういうことなんだ、と彼女から

教えてもらいました。

 

 

知らない世界に飛び込むことが

なによりも怖くて

結局安定を選んだ私に

『好き』を仕事にする資格なんて

なかったということが、

今ならすごくわかります。

 

 

今思えば、飛び込むことが怖いという

時点で、偽物の『好き』だったのです。

 

『偽物の好き』っていうと

耳触りが悪い言葉ですよね。

でも、

「あと少しで本物の好きにたどり着けるからね!」

と教えてくれるサンドウィッチマン(先導人)

だったんです。

 

『本物の好き』のまわりには、

おなかの周りの皮下脂肪のように

ぐるっと一周あつーいお肉で

覆われていて、すぐには見つけられない

ようになっています。

 

 

そこで心の筋トレを続けて

憎き脂肪(余計なプライドとか)

を削り落としながら

『好き』を鍛えていく…

 

 

人それぞれ、体格・体型が違うように

すぐに『好き』が見つかる方も

いれば、なかなか見つからない

私のような方もいらっしゃると思います。

 

 

ももし、少しでも

「自分の居場所は本当にここなのか…」

と思うのであれば

今日から心の筋トレを始めることを

おすすめします。

 

 

最初はめんどくさいし、心も身体も重たくて

いっそこのままでいいんじゃないか…

なんて考えがちです。

ですが、

身体も心も、軽くなってくると

行動ひとつひとつが変化していることに

気が付くことができるはず。

 

 

 

素晴らしい未来を信じて…

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

本当にありがとうございます(^^)