漠然と誰かを助けたかった

 

 

 

自分が豊かにになることばかり

考えていました

 

 

生きていくためには

仕事にしなくちゃいけない

そればっかり考えていました

 

自己啓発本とかSNSでは

「人のためになることをしましょう♪

それが豊かになるポイントです!」

みたいな文章をたびたび目撃しては

なんとなく腑に落ちない感覚を持っていました

 

 

口では

「人の役に立ちたいから」

ということはできるけど

「本当は自分が豊かになりたいんだ」

っていう本音が私の至る所から

とにかくあふれ出ていました

 

自分でもわかるくらいに。。

どうしたら

「心から人のため」

と思えるんだろうってずーっと

悩んでいました。

もうこれを考えてる時点で

全てが自分のためだったって

今ならそれがわかります(笑)

 

 

当時の私は

誰の役に立ちたいかが

本当に漠然としていました

「どこかの誰かを」助けたい、

『助けたいのは本音だけど、

正直誰でもいい…』

こんな感じのモチベーションだったと思います。

 

 

そんな私でしたが、

先日、初めてワークショップをやることになり、

自分が学んでいることで誰を助けられるのか

ものすごく真剣に、1ヶ月くらいひたすら考えました。

 

そして、1つのゴール、

「自分を知って自分の才能を活かして生きる」

ことだと気付くことができました。

 

そのためには、

自分を正しく理解するという課題があると

わかりました。

自分の才能と向き合うということです。

 

そして、その作業をしてもらいたい

顔の見えない「その人」は、

今どういう状況で、どういう悩みを

抱えているんだろうか、と考えるようになりました。

話す側である私自身も、

聞き手が今どこにいるのかを

正しく知る必要がある、とわかったのです。

 

 

この作業をしたことによって、

誰になにをどのようにしてもらいたいのかを

常に考えながら、資料を作ることができました。

それに、いつのまにか、

聞きに来てくれる方のために、

少しでもいいものを作りたい!と

自然に思うことができていました。

 

 

 

そして、アクションを起こしたことで

今まで見えていなかった課題や

改善点などが見えてきました

 

自分が伝えたいと思っている人を

もっと深く掘り下げていく必要も

ありますし、

そもそもこの内容でそれが

伝わるのかとか、

しっかり反省・検証して

さらなる高見を目指していきたいと

思います!!

 

 

 

はじめの一歩、

すべてはここから…

 

遅ればせながら、

昨日のワークショップに

来ていただいた皆様、

本当にありがとうございました。

 

至らない点も多々ございましたが

少しでも皆様のお役に立てればと

心から思っております。

 

 

本日は最後までお読みいただき

本当にありがとうございます(^^)